東京大学に合格するためには

中3生コース

中3生コース

中3生コース
中学3年生から本格的に大学受験の準備に入り高校2年生終了時には東京大学に合格できるだけの実力を付けます。
最後の受験学年では塾に来る回数を減らして自分で調整をできるようにしていきます。
東大理科Ⅲ類、千葉大医学部など最難関大学医学部突破に最適です。
中学3年では、実戦英語、実戦数学Ⅰ・A、実戦物理、実戦化学を受講します。
この学年で、センター試験75%をクリアーできます。勉強とは皆さんをどんどん引っ張っていくことなのです。
出来る人間を伸ばすことも教育です
高校1年では、ハイレベル英語(+英単熟語)、実戦数学Ⅱ・B、ハイレベル物理、ハイレベル化学を受講します。
受講生によってはこの学年でハイレベル国語を受講することにより2次試験やセンタ試験の完成を目指します。
この学年で違和感を感じるのは、模擬試験における出題範囲ですがあくまで模試は模試なのです。
過去問がどれだけ出来るようになっているのかが重要です。偏差値75クリアー、上位者名簿に名前を載せます。

高校2年では、Expスーパーハイレベル英語(+英語長文上級演習)、Expスーパーハイレベル数学Ⅱ・B、ハイレベル数学Ⅲ、Expスーパーハイレベル物理・化学・生物、Expスーパーハイレベル国語を受講します 他のコースでは総て受験最上級レベルの受講です。 この学年を卒業することは東京大学理科Ⅰ・Ⅱ類の合格を意味します。それ故一切の妥協をゆるさない学年であることをより強い意識をもって受講してもらいたい。 高校2年生の諸君が東大受験生と肩を並べて切磋琢磨できることの喜びを感じることでしょう。

高校3年では、東大英作文+長文、東大理Ⅲ数学を受講します。採点者の求めているものは何かを教えるためにも答案の添削を行いそれをもとに解説を行います。
この学年は塾に来る回数を減らし自分で勉強をすることにより最後の仕上げをする学年です。
完全合格責任指導の市川数理フォーラムの必勝プログラムです。
講座の内容は単科ゼミを参照してください。ここにあげたものは一例ですので、個人によって変えることもあります。東京大学文科Ⅰ類を考えている諸君には別途プログラムを用意してあります。