特設講座

医学部専門教室

医学部に合格するためには何が必要なのかをこの教室で明らかにしてゆきます。
1. 理科を徹底的に強くすることです。理工学部等と異なり医学部では英・数・理1・理2がそれぞれ同じ配点になっています。つまり理工学部等と比べると理科の配点は2倍になっています。
2. 入試問題のレベルについて。慶応・日医・慈恵ではもの凄いレベルの出題をしていますが(順天堂も仲間入り)中堅どころでは決してレベルの高い出題ではないことを知ってください。それ故かなりの高得点が要求されてきます。
この2つを踏まえて医専教のプログラムは構成されています。
慶応・日医・慈恵ではExpスーパーと、聖マリ・埼玉医・東海etcではハイレベルとの併用を行っています。もちろん教科によってそのレベルを変えることもできます。
本年は土曜日・日曜日の両日を用いて開講します。なんとしても医学部に合格したい受験生へのバイブルとなるそんな教室です。

 


医学部専門教室主任 花川晃久からのメッセージ

1 受験生の皆さん 「 医学部専門教室 」へようこそ
医学部専門教室は、私立大学医学部に:どうしても、何が何でも合格したい&しなけらばならないという皆さんを、合格へと導くために設けられた”個別指導”による教室です。
2 私立大学医学部入試の現状をご存知ですか?
現時点では15人~20人に1人しかに入学できないという:異常ともいえる倍率:です。(ただしこれは名目上でありますが)。その理由は:以前は(20年以上前は)、親が医師であることの世襲制が強いこの学部に、就職難&給与面における理由から、以前は他の学部(理工学部等)を志望していた受験生が一斉に集まってきたことによるものです。
3 合格するに必要な学力とは何か?
この問いかけに、他人が解けない難問をバリバリと解いていく学力と思っている方は多いのではないでしょうか? 答えは NO です。具体的に言うと:合格するために必要な学力とは、「試験会場で、合格者が取りこぼさずに解ける問題を確実に”とりこぼさずに”解く能力(実力)なのです。標準問題に慣れひたしんで、絶対に取りこぼさないことにつきます。
4 では「合格できる学力を付けるためには、どのような先生に指導をうけるのがいいと思いますか」
 それは:徹底的に、丁寧な授業をしてくれる、トコトン生徒に付き合ってくれる先生に指導を受けることにつきます。手前味噌になりますが私花川の個別指導の授業では
ア 英語であれば一文一文、一語一語、生徒に全て音読してもらった上で、日本語に訳させます。いちいち日本語に訳すのなどは、時代遅れだと言う輩が多い中で、それこそが馬鹿の戯言なのです。
イ 数学であれば、必要に応じて:定義にまで遡ることももいとわない。必要な定理・公式は導けるようにすること:を生徒にはお願いしています
ア・イとは何か。それは基本事項に立ち返ることで、学力の弱点を再認識することにあります。
5 大学別対策はどのようにすればいいのでしょうか?
個々の大学に対する”方法論”とはあるのでしょうか。答えは あります 
最難関大学:慶応義塾大学医学部、東京慈恵医科大学、日本医科大学について
標準問題は必ず正解を導くという大原則は変わらないのですが、そこに+αが必要です。それについては個別の時にお話ししますが、慶応の傾向として:英語も数学も国立難関校と似た(良問かつ難問)が出ます。過去問と国立の問題を繰り返し解く作業が必要です。慈恵では数学は標準問題が多いのですが、英語は趣味からくる悪問も多々混じるのが辛いところです。日医では早慶理工、東工大と対策は同じです。英語は文系学部との重複出題も多々あります。
上位・標準大学医学部こそがこの医学部専門教室の腕の見せ所です。なんとしても合格したい皆さんと、必ず合格させるとの意気込みをもつ我々の呼吸が一致して初めて合格の栄冠を得ることができます。熱意ある皆さんの参加をこころよりお待ちしています。一緒に頑張りましょう(花川談)

Exp東大理Ⅲスーパー数学特論

本講座は東大、京大、慶応大学の医学部突破のために設置された受験界における最高峰のゼミです。最難関校における数学で80%をクリアーするための最終調整をします。授業は予習の段階で答案を作ってきてもらい採点+添削を行い講義に入ります。市川数理フォーラム羽立ゼミの集大成をなす講義です。

 

東邦大学医学部 鈴木・R君 東邦高校

授業を聞いて言われた通りのことをやれば必ず成績は上がります。少人数で一人一人の行きたい大学に合わせた授業が行われているのがいいところですがこれは過去問ばかりを解説すると言う意味ではなく過去問を解けるレベルにまで実力を高めてくれるという意味です。
高校の内容に入ってつまづき始めた数学ですが高1の3学期から羽立先生に教わるようになって数学ⅡB、Ⅲと進むにつれて数学が得意科目となっていくことが実感できるようになりました。授業では何度も繰り返し復習をしてくれるため自分がその項目を本当に理解しているのかを確認しながら進むことができました。
たぶん数理フォーラムでこなした問題の数は他の塾と比べてもかなり多い量だと思います。数理フォーラムで勉強できて本当によかったです。
僕の姉(岩手医科大)も先生の塾出身です。姉そして自分ともども本当にありがとうございました。


日本大学医学部 吉田・Yさん 白百合女子高校 (東医、東女医合格)

私の高校は女子高で理系にはあまり強くない(かなり弱い)学校で毎年数学ⅢCは終りきりません。また(私は物理選択ですが)物理も人数が少なく最後の原子核などは学校ではやれませんでした。
中学のときに通っていた塾では問題の解説が一方的で私が理解する時間もなく進んでいきました。その結果学校での成績や順位などもほとんど上がることのない中学時代でしたので心機一転高校にあがるときには大学受験を目指す塾という観点から数理フォーラムに入りました。
今までの塾とは異なりテキストの問題をすべて懇切丁寧に解説してくれて高2までに数学Ⅲが終了しました。これは他の塾と比べると時間数がかなり多くまた扱う問題数も桁違いでした。授業のペースも板書のペースもけして早くありませんが扱う問題数は多いです(魔法ではありません)。
そのおかげで見たことのない問題も無くなり数学の偏差値は70を超え物理・化学もそれに匹敵するくらいまであがりました。本当に強い自信になりました。授業数が多いことで大変だと感じたこともありますが毎回内容の濃い授業のおかげで受験を最良の結果で終えることが出来たのも羽立先生のおかげです。最後に総ての受験に会場まで一緒についてきてくれたのが緊張を和らげてくれました。
ほんとうにありがとうございました。


北里大学医学部 田所・Y君 市川学園高校

中学受験が終わってすぐに数理フォーラム通い始めました。そのとき兄(東京慈恵医科大学)が高3に上がるときで受験に向けて最後の1年を数理フォーラムでの仕上げに入る時でした(兄も中1から通っていました)。 始めはわりとアットホームな感じで個別を続けていたのですが学年が進むにつれてだんだんと勉強の楽しさ学問の美しさを教えてくれまた実感できるようになりました。6年間の思い出はほんとうにいろいろあるのですが受験に関しては数学は高2までに数Ⅲまですべて終りそのあとは入試標準からやや上級にかけての問題を繰り返し×2行います。
先生がよく言う言葉で「入試問題の85%は塾で解説したことのある問題で残りの10%は一枚皮を剥げば自分の土俵に引きずりこめる問題。本当に初見の問題は5%あるかないか」ですが入試ではほとんどが塾で勉強した問題からの出題でした。
試験会場ではいつもとは違う独特の緊張感のなかで問題を解かなければなりません。やはり見たことがある問題があるとほんとうに落ち着けます。での先生の一番(と言っていいのかな?)素晴らしいのは物理の授業かもしれません。物理は分野によって勉強の仕方が違うとよくいうのですが先生は何度も何度も公式を導いてくれて試験のときにもこの書き方で公式を導きながら解答を出しなさいでした。
指導者によって伸びる伸びないは決まると思います。また僕は試験ではもの凄く緊張するタイプでそれをよく知っている先生は試験会場までいつも付き添ってくれました。なんでか塾で受験してるみたいに落ち着けました。 医師になってからは救急の方に進みたいと思っていたので第一志望の北里に合格できて本当に嬉しいです。いまが人生最高に充実しています。兄が6年僕も6年羽立先生にお世話になりました。本当にありがとうございました。

 

高1Expスーパー東大コース

東大および国・公・私立医学部の最上位高を3年間かけて突破するための特別強力対策ゼミです。最上位校に合格するためには高校生になったときから(いやそれよりも前からかも知れませんが)本格的な受験勉強が必要になります。
では受験勉強とは何か?範囲のない試験に対して正解を導くことのできる知識と思考力を付けることです。この時期にどんどん知識を増やしかつその活用法も学びとりましょう。
ここから先はそれぞれの教科によって勉強方法が全くと言っていいほど異なってきますので本格的な指導を受ける必要が生ずるのです。つまり指導者の力量によって天と地ほどの差が出てくることを認識した上で当コースに入会してもらいたい。
他の塾・予備校とは教師(講師)の力量と授業回数(総時間数)の多さが決定的に違います。最高レベルの学生たちに贈る最高レベルの授業です。

 

中3から4年かけて東大理Ⅲに合格するためのコース


東京大学に合格するためには

このコースは新中3生を対象に高校内容を(ほぼ)高1終了時までに完成させて高2終了時には東大理系等に合格するだけの実力を完成させるコースです。学校と進行が異なるため個別指導も併用しますが講師の授業の上手さが何よりの決め手です。
東大・京大等の医学部に何が何でも合格したい(しなければならない)諸君のみを対象としている日本最高峰のクラスです。途中からの参加が困難であることからスタートからの参加を待っています。